30代以降のメンズファッションを考える。について

メンズファッションについての考察をまとめてみました。特に大人になるとカジュアルが苦手・・という人もいるようです。実はスーツよりもカジュアルのほうが難しいんですね。汎用性が高いので自由自在だからです。このサイトでは、大人のためのカジュアルについて考えます。

30代以降の男のファッションは?

30代になると、20代の頃とはちがって、あんまりチャラチャラした服は着たくない。逆にそういう服着てると、仕事ができない男にみられがち。安っぽくもみえちゃうこと請け合い。

かといって年寄りっぽい服は本当のオッサンになってしまう。
30代のメンズは格好良くサラリと着こなすことが重要だと思う。

参考にどうぞ↓
といってもなかなか高いブランド物は買えないのが30代。
結婚して子供がいたり、家のローンが始まっていたり。
お小遣いで全身揃えるのはなかなか大変だろう。

でも自分にはファッションセンスがないからどうしようもない。と諦めていませんか?
一番多い意見は、服屋さんに着ていく服がない。
あんまりダサい格好してても店員さんに相手にされなさそう。
大人買いするわけでもないし。

そんな大人の男にぴったりなのが通販。
そういう通販だと、おすすめコーディネートや、1万円で揃えられるコーディネート例などもあるのでかなり参考になる。そのままそっくり買ってもあまりカブらないかもしれないしね。ユニクロの服で全身を揃える勇気はない。。yユニクロなどのファストファッションは差し色やポイントで使うのが良いかも。

モテカジとキレカジを狙う!

30代のメンズファッションはモテカジとキレカジを狙うのがよい。
カジュアルといっても、アメカジからストリートカジュアルまで色々あるけど、30代ともなればストリートカジュアルはちょっと格好悪い。

モテカジとはズバリモテるカジュアル。
でも女の子を意識してるわけじゃなくても男からみてもカッコ良くキメられるのだと思う。無難といえば無難ですが。もしどんな服を選んだらいいかわからない場合は、30代メンズファッション通販サイトを参考にすると良いかも。今はネットですぐに買える時代になって便利になりましたね。服屋さんに行くための服で悩む必要がなくなったといえるでしょう。

あとはキレカジ、これは外せない。
仕事やちょっとしたかしこまった場所に行く機会も多くなる。
ジャケットは夏用と冬用で1枚ずつぐらいは持っていないといざというときに恥ずかしい思いをする。ジャケットってけっこう万能選手です。冬も夏もできれば1枚持って歩けるとかなり重宝します。
上着に何を着ていいかわからないときは、ジーンズにジャケットでもそれなりに見えるしね。ということできれいめカジュアルは是非そろえておきたいジャンルのひとつです。

行き慣れた場所に行き慣れた格好はできても、いつもと違う場所に出かける時にはきれいめカジュアルで恥ずかしくない格好を。30代ともなればそういった服はさっと着れるように揃えておきたいところ。

カジュアルは「楽なファッション」じゃない!

カジュアルというと「かっちり系ファッション」の反対の意味=楽なファッションと考えている人もいるみたいだけど、それは違います!!

カジュアルとは、スウェットや楽なスタイルではなくておしゃれを楽しめる服装です。かっちり服はある程度の型が決まっているので服選びも楽でそれなりに着こなせても、カジュアルはアイテムから選ばなくてはいけないのでセンスがそのままでてしまう。

いつどこで会っても恥ずかしくない格好がカジュアルの基本!ラフなスタイルをカジュアルと勘違いしてはいけないです。それと、柄が大きく描いてあればそれがおしゃれと勘違いしてる人もいますが・・それは大きな間違い。ワンポイントであるならかまいませんが、品がない格好になってしまうことも。派手な色、大きな柄はワンポイントのキーカラーとして使うのが基本です。また、多くの色を組み合わせるのもちぐはぐさが増すのでNG。まずはキーカラーを決め、それに合わせて差し色などを加えていくのがいいと思う。

「コーディネートはずし」という言葉があるように、ベースの型をまず決め、そこから崩していくときこなれ感が増してかっこよく着こなせますよ☆

今おすすめのメンズファッションアイテムを紹介!!

雑誌も良いけど、モデルさんがかっこよすぎて参考にならない場合も・・(T_T)YouTubeの動画などでみるとよくわかりますね。

コーディネートに自信がない人は

自分にはセンスがない!と決めつけている男性も多いみたいです。これとこの組み合わせで着てね、と用意されたらその組み合わせでしか服が着れない人とか。。まずは自分で考えて失敗してだんだんセンスは身についていくものです。どんどんチャレンジすることが大切。

おしゃれをしよう!と気合が入りすぎてやってしまうのは、奇をねらったファッション。まずは正統派の着こなしから始めていきましょう。また、お金をたくさんかけないとできないわけでもないです。メンズファッションはレディースと比べてもアイテムの種類、色味は少ないのでわかりやすいのでまずは自分のスタイルをみつけるところから。

最初は自分の好きな色や好きなスタイル、そこを決めて軽い気持ちではじめていきましょう。色々なものに手を出すよりも何かひとつを決めてそこから派生させていくほうがセンスの上達度は早いです。

また雑誌を毎月チェックすることも必要ありません。街を行く人をちょっと意識して観察してみたり、テレビドラマで服を気にしながらみたり、そういったことだけでも十分です。雑誌ではその時の最先端のトレンドを常に追いかけているのでどれが良いのかがわからなくなってしまいます。

気に入った雑誌ひとつをみつけたらそれをじっくりみてみるなどは良いですが、毎月何冊も買う必要はないですね。

自分の体型をわかっておく

服の選び方、色の使い方も間違ってないけど何か変。。これは「サイズ感」の違いから起こります。同じ服、色でも着る人の体型によってかなり着こなしが変わるんです。 ここでもサイズ感について書かれていますね。こういったtwitterをフォローしてもファッションチェックになりますね♪

★身長が高い、低い
★筋肉質、贅肉質
★細身、太み 体型だけでもこれぐらいは違いがあります。例えば、太めの人がだぼっとした服を着たらさらに太ってみえます。できるだけ隠したい気もしますが、逆にジャストフィットのほうが細く見えます。

逆に細い人はどうでしょうか。あまりぴったりとフィットした服は逆に細さを強調してしまうことも。女性ならそれが良いかもしれませんが男性はがっちりみせたいという人が多いようなので、あまり密着した服よりもジャストサイズのほうが良いです。服の形にもよるので一概にはいえませんが、あまりだぼっとしていても逆にだらしなくみえてしまうのでジャストサイズがベストです。

ジーンズの形ひとつとっても色々あります。ストレート、ワイド、スキニー。その時のトレンドなどもあるのであとは好みで選ぶのが良いですが無難なのはストレート。スキニーも増えてきてますね。スキニーはあまり細すぎる人は似合いません。生地が薄めのすとんとしたものは似合うと思います。

まずは系統を決めよう!

カジュアルを選ぶときに系統を決めましょう。TPOによって変えたいところですが、アメカジ、キレカジ、モテカジ、お兄系、色々あります。大人カジュアルならキレカジがおすすめ!いわゆる「きれいめカジュアル」ですね。

キレカジは場所を選ばず、おしゃれなレストランにも行ける格好です。普段のカジュアルは何でもよくても、ちょっとおしゃれをしたいお出かけなどは恥ずかしくない格好で堂々と楽しみたいものです。大人ならではのカジュアルができるのはキレカジですよ☆

正直、おすすめできないのはお兄系。独特の着こなしがありますし、髪型によっても印象が変わります。一歩間違えると大変なことになり兼ねないので、30代は大人カジュアルを目指すのが無難です。30代ともなるとあまりチャラチャラした格好は印象もよろしくありません。

アメカジやお兄系は「着崩す」テクが必要になってきます。ファッション初心者さんにとって型がまだ決まっていないうちから着崩すと大変なことになります(-_-) また年齢を考えても正統派から入っていくのがどこにだしても恥ずかしくない格好といえます。仕事上でもだんだん重要なポストについていくでしょうから、キレカジを制覇しておけば間違いありません^^

どうしても無理、面倒くさいという人は30代 メンズファッションのための、メンズ服ショップをまとめたサイトがありますのでお気に入りのショップを見つけてください。全身コーディネートのまま買えるショップもあるのでそれなら楽ちんです♪ スーツ以外で私服がさらっと着こなせる大人はやっぱりかっこいいですね。おしゃれは楽しみながら上達します。いろいろな服に挑戦してみてくださいね☆
Copyright (C) 30代になってもファッションを楽しもう♪ All Rights Reserved.